MENU
BLOG : 月別アーカイブ
Life Body F ライフボディエフ
Life Body F

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-15-12
サウスヒルズ 201
TEL : 03-6421-4112
電話LBF電話をかける
E-MAIL : lifebodyf@gmail.com
フォームLBFお問い合わせフォームへ


営業時間

9:00~22:00


休業日

夏期 年末年始


アクセス

自由が丘駅北口、都立大学駅より徒歩10分
大岡山駅より徒歩12分・緑が丘駅より徒歩5分



お尻の位置が重要なんです!

楽な電車での座り方

 

2つ目のポイントは

 

座席の一番奥に座ることです。

 

 

 

これがとても重要ですが、

 

意外と難しいことなんです。

 

 

上の図のようになっている方を

 

多く見かけます。

 

 

 

私は東急線をよく使いますが

 

電車の座席の形では

 

無意識に後ろにもたれかかると

 

図のように気づかないうちに

 

腰と座席に隙間が出来てしまいます。

 

 

 

 

すると、隙間のある腰の部分

 

に負担がかかってしまいます。

 

 

 

私もほんとに気をつけておかないと

 

中々出来ません。

 

 

 

この時に前回お伝えした

 

足を床につけておかないと

 

お尻の位置がずるずると

 

前に移動してしまい

 

どんどん腰と座席に隙間が出来て

 

しまいます。

 

 

 

では、どうすれば一番奥に座ること

 

が出来るのでしょうか?

 

 

 

1つの方法としては

 

腕を足に着くことです。

 

 

 

先程もお伝えしたように

 

後ろにもたれかかると

 

腰と座席に隙間が出てきてしまいます。

 

 

 

しかし、もたれかからないと

 

上半身を支えるものが無いので

 

疲れますよね。

 

 

 

 

そのため、

 

下の図のように

 

腕で上半身を支えることで

 

上半身も安定しますし、

 

楽に座ることが出来ます。

 

私も実際にやってみたら

 

長時間乗っていても

 

身体が楽だと感じました。

 

 

 

電車の座席の形状によりますが

 

どんな座席でも

 

座席の一番奥に座れるようにすること

 

そして、足裏を床に着くこと

 

を気をつけることで

 

普段行う電車での移動が楽になります。

 

 

 

 

是非、移動時間の長い人ほど

 

実践してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

東急大井町線緑が丘駅徒歩5分  駐車場付き

 

東急東横線自由ヶ丘駅徒歩10分  駐車場付き

 

緑が丘交番付近、駐車場付き

 

 

身体も心も週一回のトレーニングで一週間を豊かに過ごせる

完全プライベートパーソナルトレーニングジム

女性トレーナー在席  体験無料

Life Body F

アーカイブ

目次