MENU
BLOG : 月別アーカイブ
Life Body F ライフボディエフ
Life Body F

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-15-12
サウスヒルズ 201
TEL : 03-6421-4112
電話LBF電話をかける
E-MAIL : lifebodyf@gmail.com
フォームLBFお問い合わせフォームへ


営業時間

9:00~22:00


休業日

夏期 年末年始


アクセス

自由が丘駅北口、都立大学駅より徒歩10分
大岡山駅より徒歩12分・緑が丘駅より徒歩5分



つま先開き

全ての身体の不調の元凶

つま先開き

日本人の9割以上の人がつま先を外に向けて歩いている事実

外反母趾、膝痛、腰痛、四十肩等の原因

人間の先祖は元々、四足歩行の動物であり、当時は現代社会とかけ離れた生活をしていたでしょう。

現代は脳を限界まで働かせ、身体をほとんど動かさない時代になってきてしまいました。
この100年で社会はデジタル化が急激に進み、過去類を見たいほどの急成長な100年と言っても過言ではありません。
その社会成長に身体は追いつけず、「現代病」「老老介護」という言葉が作られてしまう程です。

もう一度お伝えすると、人間は元々四足歩行の動物です。脳ばかりを使い続けてしまえば、人間の進化は時代に追いつけず、身体の不調を引き起こしてしまいます。
様々な身体の不調がある中で、共通して改善に導ける方法が「つま先を真っ直ぐに向けて歩く」ことです。次回、外を歩く時に周りの人のつま先を見てみてください。

9割以上の人がつま先を外に開いて歩いている事が分かると思います。外反母趾、膝痛、腰痛、四十肩、ストレートネック、様々な部位に痛みが生じるのは、人間の身体の中で唯一地面に着いている「足」が正しい方向を向いていない事が全ての元凶と言っても過言ではありません。

動かないから不調が起きる

身体の「土台」である足を正面に向けるだけで身体の「軸」というものが立てやすくなります。

土台や軸という言葉は昔から重要な場面でよく使われますが、人の身体ではそれが「足」になります。 私達はこのような根本的な部分を大切にしながら、皆様の身体と心と向き合い、毎日が豊かになるようにサポートさせて頂きます。

身体を整えて、元気に、フットワーク軽く

股関節をニュートラルに

たかが、つま先が外に開くだけで身体の不調が起こる。

「そんな小さなことで不調になる訳がない」そう思う方も沢山いらっしゃると思います。

ではなぜ、身体的な不調が起こる人と起こらない人といるのでしょうか。勿論先天性の部分もありますが、後天性の方が圧倒的に多く、9割以上です。一般的な人の身体的不調は「日常生活」の中からしか起こりません。

少し振り返ってみたら、少し肩を上げたら、少し屈んだら。たったこれだけの動作でなぜ痛みが出てしまうのでしょうか。

長年、ご自身の体重が関節にかけていた負担が不意に出てしまっただけのことです。
痛みが起こってしまった動作に問題があるわけでは決してありません。 あくまでも積み重ねが原因で痛みと関わらなければならなくなってしまうのです。

足は土台

人間は誰しもが68ヶ所の関節があり、この関節をスムーズに連動させることで日常生活を送ることが出来ています。

一日中座りっぱなしや、ゴロゴロしていればこの関節はほとんど動かすことが出来ません。

人間は「動かないから不調が起きる」のです。

少なからずアスリートの皆さんは肩こりは起こりにくいものです。
動物の中でも常時二足歩行の動物は人間だけですので、ご自身の体重が地面に面しているのは足の裏のみです。


人間の関節の全てをスムーズに動かす為には、唯一地面に接している足が正面を向くことがとても大切です。足が正面に向き、膝が真っ直ぐ動き、股関節がニュートラルな状態である。

骨盤がスムーズに動き、唯一無二の背骨がしなやかに動く。それによって肩甲骨が自由自在に動くように設計されているのです。

痛みを改善

つま先が開けば、元々持っている体の設計が崩れ始め、さらに日常的に動かなければ血流が悪くなり、筋肉は凝り固まり、関節はどんどん自由を失ってしまいます。

「足は土台」なんて昔は良く聞きました。とても素敵な言葉だと私は思います。このような小さな事を見直す事で、痛みから解放され、元気にフットワーク軽く外に出ていけるようになります!

その場しのぎの痛み止めではなく、根本から自分の体を大切に変えてみませんか?