身体に負担の少ない 電車での座り方パーソナルトレーニングジムLife Body Fのスタッフブログ:

2022/06/02 (木)

身体に負担の少ない 電車での座り方

 

皆さん、日々の生活で

 

電車で移動をする方は多いと思います。

 

 

電車に乗っている時に楽な乗り方出来ていますか?

 

 

今回は体に負担の少ない電車での椅子の座り方

 

を紹介します。

 

 

電車の座席と言っても

 

JR、東急、東京メトロ、小田急などなど

 

関東だけでもまだまだ多くの電車がありますよね。

 

 

座席の形状、かたさ、幅などそれぞれ

 

違うので、今回は共通して気をつけられること

 

をお伝えします。

 

 

身体に負担が少ない電車での椅子の座り方

 

のポイントは2つです。

 

 

1つ目は足裏をしっかり床に着けること、

 

2つ目はシートの一番奥に腰掛けることです。

 

 

まずは1つ目の足裏を床にしっかりつける

 

ことから理由を含めて紹介します。

 

 

私も毎日のように電車を利用します。

 

 

足を組んで座っている人

 

椅子の下に足を引いて、つま先だけをついている人

 

をよく見かけます。

 

 

 

私も自身足は組みませんが

 

足を引いて、つま先だけしか着かない

 

座り方はしていました。

 

 

ではなぜ、

 

足裏を床に着いておく必要があるかというと…

 

 

 

以前の椅子の座り方でも紹介しましたが

 

足を床に着くことで、

 

体重を足で支えることが出来、

 

腰や背中の負担を減らすことが出来ます。

 

 

 

私がよく見かける

 

足を組む座り方だと、

 

床についているのは片脚で

 

しっかり足で体重を支えられませんよね。

 

 

 

すると、

 

腰や背中で体重を支えることになります。

 

 

 

結果的に、

 

腰や背中に負担が大きくなり、

 

辛くなる原因となってしまいます。

 

 

 

これはどんな椅子でも「同じ」ことです。

 

 

 

毎日何気に乗っている電車、

 

乗る機会が多いからこそ

 

座り方や立ち方が大事なんです。

 

 

 

日常を楽に過ごすためにも

 

電車に乗って座る時には

 

まず、足裏をしっかり床に着けるところから

 

気をつけましょう。

 

 

 

 

加えて、足をしっかり床に着けることで

 

で身体が足の方に滑るのを

 

止めておくことも出来ます。

 

 

 

 

 

これは、2つ目のポイントの

 

シートの一番奥に腰掛ける

 

に繋がってくるので、次回詳しく説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東急大井町線緑が丘駅徒歩5分  駐車場付き

 

東急目黒線大岡山駅徒歩10分  駐車場付き

 

中根小学校付近、駐車場付き

 

 

身体も心も週一回のトレーニングで一週間を豊かに過ごせる

完全プライベートパーソナルトレーニングジム

女性トレーナー在席  体験無料

Life Body F

 

 

 

 

 

 

 

 

初回無料体験!お気軽にご連絡ください
多くの方が不調を改善し、目標に向け笑顔で毎日を過ごしています!
  • 30~45歳の方
  • 46~55歳の方
  • 56歳~の方
LifeBodyFメインメニュー
  • 週1回でも若返るパーソナルトレーニング
  • 脳ストレスは効率的な運動で解消される
  • 400種類の筋肉を知り尽くす筋肉博士
  • 料金について支払いが都度払いの理由
  • パーソナルトレーナー紹介
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • アクセス・お問い合わせ

「KAATSU TRAINING」のロゴマーク及びKAATSUは、KAATSU JAPAN株式会社の登録商標です。
本文中の加圧トレーニングの表示を含め「加圧トレーニング」及び
「加圧インストラクター」はKAATSU JAPAN株式会社の登録商標です。

〒152-0034
東京都目黒区緑が丘1-15-12サウスヒルズ 201
TEL:03-6421-4112 E-MAIL lifebodyf@gmail.com

営業時間 平日 9:00~22:00
土曜 9:00~20:00 日曜 9:00~19:00
休業日 夏期 年末年始
アクセス 自由が丘駅北口、都立大学駅より徒歩10分・
大岡山駅より徒歩12分・緑が丘駅より徒歩5分
本当の身体を知って不調を改善していくパーソナルジム電話番号